チャイルドライフ 教育研修事業教育研修事業

newsお知らせ

治療教育を国内セミナーや海外研修・ツアーで推進する国際教育の過去の情報です。

チャイルドライフ 教育研修事業 > お知らせ > ★新企画★「第199回国治研セミナー 実存的苦悩を抱くがん患者の生きる意味を呼び覚ます看護~V.E.フランクル理論の応用~」

★新企画★「第199回国治研セミナー 実存的苦悩を抱くがん患者の生きる意味を呼び覚ます看護~V.E.フランクル理論の応用~」

このたび、リバティ・インターナショナル海外視察研修にて同行解説者として度々ご尽力いただいております、石川県立看護大学成人老年看護学講座教授の牧野智恵先生を講師にお迎えし、「第199回国治研セミナー 実存的苦悩を抱くがん患者の生きる意味を呼び覚ます看護~V.E.フランクル理論の応用~」の詳細が決まりました。

がん終末期でスピリチュアルペインを抱き苦しんでおられるがん患者さんやそのご家族のために何ができるか?の問いに人生に対して、何かを期待するのではなく、生きることの意味について「自分は人生から何を期待されているか」というコペルニクス転回の意味や、ロゴセラピーを手掛かりとした看護実践について、牧野先生よりお伺いしたいと思います。


日時: 2023年2月18日(土) 10:0012:30

講義: Zoomを活用したオンラインセミナー

講師: 牧野智恵 先生 (石川県立看護大学成人老年看護学講座教授、日本ロゴセラピスト協会認定A級ロゴセラピスト、看護師)                    

 


辛い出来事が重なり苦悩している時、「こんな人生、意味あるのか」と思ってしまいがちです。意味があるかないか、という問いかけに悩むのではなく、人生が出す問いに答えていくことで、人は意味を発見していく存在になります。本セミナーは医療従事者の方をはじめ、がん患者さんへのケアに携わる多くの方々に、患者さんが「生きる意味」「人生の意味」対する見方や考え方を変容させていきながら心理的支援を行う「ロゴセラピー」に触れ、相手に寄り添うことの意味を今一度考える機会となりましたら幸いです。

詳細やお申し込みはこちらから。

 

<お知らせ>
当日参加が難しい方はセミナー終了後、期間限定配信を行います。ご都合のよい時間に視聴が可能ですのでご相談ください!